マリアンヌの憂鬱:キノコホテル

GSか、昭和歌謡か、キノコホテルである

メンバーは架空のホテル「キノコホテル」の支配人と従業員ということになっているらしい。

マリアンヌ様は、ファーストアルバムで、すでに憂鬱である

過激でポップな中毒性の高い大衆」音楽、「いつか視た幻のような既聴感を憶えるありそうでなかった」音楽がコンセプトである。

 

セトリ

1、静かな森で

2、真っ赤なゼリー

3、もえつきたいの

4、還らざる海

5、ネオンの涙

6、あたしのスナイパー

7、夕焼けが知っている

8、キノコホテル唱歌

 

真っ赤なゼリー 

「この鍵をこじ開けて 踏み込んできてほしいけど

 まだ少し怖いかも 傷付きやすいの」

 

 


キノコホテル<キノコホテル唱歌>〜水も滴る好いおんな